こんにちは。
小手指駅徒歩4分のスポーツクラブ
S-sports club の西山です。

 

運動はアンチエイジング効果がある

 

そのアンチエイジング効果の為にはどのような運動をどのくらい行えば良いのか。

 

正直言うと私にはよくわかりません( ̄∀ ̄)

 

色々な本に運動はアンチエイジング効果があるよと書かれており、細胞や脳や肌の研究者がその効果を示した統計データを広めていたりします。

 

でも私はトレーナーでありインストラクターですので、そういう学者さんが出す研究結果を見てもいまいちピンとこないのです。

 

この風邪薬を飲む→熱が下がる

 

というのと、

 

運動する→アンチエイジング

 

というのは全然違いますからね。

 

そもそも人が感じる【若さ】って感覚的なものであってすごく不確かな気がするんです。

 

でもその感覚的な面でみて、運動している人は実年齢よりも遥かに若く見える人は多い・・。

 

だから統計データとかではなく、お客さんから聞いたアンチエイジングストーリーをお伝えしたいと思います。

 

やっぱり運動って良いのかなぁと思ってもらえて、スポーツクラブにも興味を持ってくれたら嬉しいです。それで結果アンチエイジングだったとお客様自身で感じてくれたら最高ですね。

 

ママ、後ろから見るとモデルさんみたいだね

私がパーソナルトレーニングを行ったEさん、40代主婦の方のアンチエイジングストーリーです。

 

太ももが太いのが悩みですと言って、相談にいらっしゃいました。

 

私から見ると、太いというか太ももの前だけボコッとたくましくなってしまっていたので、姿勢と筋バランスを整えれば大丈夫かなと予想。

 

Eさんは学生時代運動をしておらず、独身時にスポーツクラブに通っていたけど、子育てが始まってからは運動出来ずに太ってしまったとの事でした。

 

そういう方は多いでしょうね。

 

運動方法は週2回30分の自重トレーニング(バランスボールを使う)とその日の気分に合わせた有酸素運動。ボクササイズかダンスプログラム(ZUMBA) に出てもらいました。

 

トレーニングは胸、背中、お腹、太もも裏の4種目だけ。

 

それにプラスして下半身の筋肉のバランスは日常生活での立ち姿勢を意識してもらいました。

 

続けられた理由はやはりプログラムが気に入ってくれたからで、楽しいから続けることが出来たようですね。

 

結果3ヶ月経った時、ジーンズをはいて中学生の娘と出かけた時に「ママ、後ろから見るとモデルさんみたいだね」と言われたのだそうです。

 

3ヶ月でモデルさんみたいと言われるなんて凄いことですよね。

 

そういえば最近、痛い所なんてどこもないわ

アンチエイジングはキレイで若々しいというだけでなく、健康で長生きをするというのが本来の意味なのです。

 

今でも身体のケアを担当させてもらっているYさん。70歳女性のお客様のアンチエイジングストーリー。

 

身体で痛い所なんてどこもない、健康そのものの方です。

 

まぁ、実年齢は70歳なんですけど全然70歳に見えないですけどね。姿勢、筋バランス、柔軟性、どれを取っても40代の方でも太刀打ちできないと思います。

 

だからと言って、パッと見、マッチョとかじゃないですよ。

 

Yさんはマッチョが嫌いにも関わらず、トレーニングでマッチョになってしまってお困りのお客様でした。

 

私が担当した時には既に筋力は平均以上だったと思いますが、筋肉の付き方が美しくなかったんですよね。

 

背中の筋肉が盛り上がってしまって、肩回りも「この人、ジムでトレーニングとかしているのかな」とバレてしまいそうな体つき。

 

一部の人はそういう身体を望むかもしれませんが、私の知る限り9割の方はマッチョを恐れます。

 

スラっとキレイに、そして健康的にということで、これまた週2回のファンクショナルトレーニングを実施。

 

有酸素運動をしない代わりにトレーニングは全身を1時間やって燃焼してもらいました。

 

思い描く身体に変わっていくことで嬉しくなって、トレーニングも楽しいと言ってやってくれていました。

 

結果、自分の身体を苦も無く動かせる身体へと変わったわけです。

 

同世代の方と会うとまわりは体中痛い所だらけ、薬を飲んでいる方も多いようで、その時Yさんは思ったそうです。

 

そういえば最近、痛い所なんかどこもないわ。

 

こんな夢のような身体こそ、最も意味のあるアンチエイジングと言って良いのではないでしょうか。

 

まとめ

なんでこんな事を書いたかというと、私の望みはこういう人を増やすことだからです。

 

町を歩けば、歩き方、姿勢、足の向き等「おっ!あの人いいねぇ!」と思える人は1%くらいしかいません。

 

そして、私が出会った身体の変わった人たちは決して特別な人ではありませんでした。

 

”知るまで知らなかった人”

 

知って、一歩踏み出してみて、正しく続けることが出来れば、誰だって上記のようなエピソードが生まれるのです。

 

その為に共通しているのが『楽しい』と思えたかどうかです。

 

楽しくないことを続けられる人はいません。身体の為とは言ってもつまらなければ心がついてきません。

 

S-sports clubでは『楽しさ』を求めています。その為にコミュニケーションを大事にしたいですし、居心地の良さも大事にしています。だからこそ接客にも力を入れているのです。

 

スポーツクラブは何かと健康や美やそれこそアンチエイジングをうたいますが、根本は『楽しさ』にあると私は信じています。

 

S-sports clubで運動嫌いを解消してもらえたら嬉しいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします