こんにちは。
小手指駅徒歩4分のスポーツクラブ
S-sports clubの西山です。

 

本日のお題はマシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの違いについてです。

 

フリーウェイトとはダンベルやバーベルを使って行う筋トレのこと。

 

マッチョの人が鏡の前でウォーって血管むき出しになるくらい踏ん張ってやるような、とても激しいトレーニングに思われがちですが、別にマッチョ向けのトレーニングというわけではありません。

 

ただし、やはりマシントレーニングに比べると中級者、上級者に好まれるトレーニングではありますね。

 

その理由は簡単です。フリーウェイトの方がお得だからです。

 

トレーニングに慣れた人はみんなお得なトレーニングに進んでしまうというわけですね!

 

先に言っておきますが、私達が運営するS-sports clubにはマシンはありません。

だからと言って、トレーニング中級者、上級者用に作った施設でもありません。

 

マシントレーニングの特徴、フリーウェイトトレーニングの特徴、その上で何故フリーウェイトトレーニングを推奨しているのかをご案内していきます。

使用部位が意識しやすいマシントレーニング!

まずは、マシントレーニングについてです。

 

タイトルではマシントレーニングを否定しているような感じになってしまっていますが、そんなことはないです。私も、もともとはマシントレーニングを中心にトレーニングをご案内していましたからね。

 

マシントレーニングはとにかくピンポイントで使用部位に効かせられるという利点があります。

 

人間には骨格筋(一般的に言う筋肉)だけでも約400個あります。

 

立っているだけ、歩くだけでもたくさんの筋肉が動きます。

ですが、私達人間はいちいち歩くときに、ここと、ここと、ここの筋肉よ!動けー!!

 

なんて面倒なことはやっていないですよね。

動いたら勝手に筋肉は動くものなのです。

 

じゃあ筋トレなんかせずに動き回っていれば良いのではないかと思うのですが、そうもいかないのです。

 

人間には400もの筋肉があるにも関わらず、よく使う所とあまり使っていない所で分かれます。

 

その人の生活環境によってもかなり差があり、しかも大きい筋肉ほどよく使われているのかと言えばそうでもなかったりするのです。

 

例えば胸の筋肉である大胸筋。

皆さんは生活の中で胸の筋肉を使っている意識はありますか?

 

多分ほとんどの方がそんな意識はないでしょうし、実際使ってもないです。

 

なぜならば、大胸筋の使用方法は押す

挟む(I can't speak English)

だからです。細かくは他にもあるんですけどね・・。

 

正直、生活の動作としては少ないです。

 

結果として、胸の筋肉は動かしたくても動かなくなっている方がほとんどであり、そういう方に「胸に効く動きをして!」と言ってもわかるわけがありません。

 

意識してトレーニングで使っていかなければならないのです。

 

でも、それって難しそうですよね。

 

ところが・・

マシントレーニングは動く方向が決まっているため、動かしているだけで胸に効く動きが出来るのです。

 

細かな意識も必要ないので、これは初めてトレーニングを行う方には安心ですよね。

 

やはり安全性も高いですし。

 

マシントレーニングはピンポイントで使用部位に効かせられて、安全!これだけでもとても魅力的に感じてもらえるのではないでしょうか。

断然お得なフリーウェイトトレーニング!

やっぱり、マシントレーニング否定派じゃねーか!と思われそうなタイトル(笑)

 

どっちがお得かと言われれば、さすがにフリーウェイトトレーニングですよ。正直・・。

 

先ほども言いましたが、筋肉は約400個あります。

 

さっき歩いているだけ、立っているだけでも筋肉は使われると説明しましたが、まさにここが大事!

 

姿勢保持

 

フリーウェイトトレーニングは重力に逆らって重りを持ちます。当然手を離せば重りは落ちます。

例えばベンチプレスを例に取ってみると、これ、手を離したら危ないなんてもんじゃないですよね。

 

手を放すなんてもってのほかですが、真っ直ぐに持ち上げなければ、頭の上にバーベルが落ちるかもしれないし、お腹に落ちるかもしれません。

 

そうならないように姿勢保持をするわけです。

 

以前、トレーニング原則の説明をした時に、全面性の原則(バランスよく筋肉を使わないと効果が出にくいという原則)について説明しましたが、まさにフリーウェイトはバランスよく筋肉が使われるトレーニングなのです。

 

そのおかげでたくさんの種目をやらなくても複数の筋肉を動かすことが出来るのです。

 

そして、複数の筋肉を動かすので消費するエネルギー量も高いのです。

 

フリーウェイトが出来るようになれば、トレーニング時間もかなり時短できるし、エネルギー効果も高いので断然お得ということですね。

S-sports clubならお得にフリーウェイトトレーニングを覚えられる!

さて、それぞれのトレーニングの良い所をお話しましたが今度は気を付けなければいけないところを説明しておきましょう。

 

先ほどマシントレーニングは動かす方向が決まっているから、動かしているだけで使用したい部位に効かせることが出来ると言ったのですが、それは理論上の話なのです。

 

大事なのはお客さん自身がそう実感できることですよね。

 

ところが、マシントレーニングは残念ながら効かせたいところに【効いている感じがする】までに結構時間がかかるのです。

それはお客さんの身体の特徴が関係します。

 

実際、トレーナーはほとんどがパーソナルトレーニングでお客さんとトレーニングをするならフリーウェイトを選択するはずです。

 

その方が、そのお客さんの身体の特徴や癖がわかるからです。

 

使用部位以外のところが動いていないか、変な所に力が入っていないかなどを見ながら修正を加えることでより早く使用感を感じて頂くことが出来ます。

 

でも、マシンを設置しているジムの多くは施設貸出をしているだけで最初に使い方は教えてくれても細かなトレーニング指導はしません。するって書いてあってもしません(笑)

 

マシントレーニングであれば案内しなくてもケガをするリスクは少ないですし、パッと見できていそうに見えるので巡回しているスタッフも声を掛けて来ません。

 

結局のところ、フリーウェイトで出来ない人はマシンでやっても出来ていない。

 

マシンで出来ない人がフリーウェイトでやると危ない。

 

ということは・・

初めてだろうが何だろうが最初はきちんと見てもらいながらトレーニングをやった方がお金時間も無駄にならない!

 

ということがわかって頂けるのではないでしょうか。

 

でも、マンツーマンでやるって躊躇しませんか?

1時間マンツーマンでトレーニングをするなんて、そこそこ気が合う人とじゃなきゃ嫌ですよね。

 

だから、グループ指導でフリーウェイト指導をするトレスタ(トレーニングスタジオ)を作ったのです!

 

そう、S-sports clubでは気軽に本格的なトレーニング方法を学ぶことが出来ます!

 

本来、パーソナルトレーニングで個別にお金を払って行うようなトレーニングをS-sports clubで体得してしまいましょう!

まとめ

フリーウェイトトレーニングを教わるのはパーソナルトレーニング!という常識をS-sports clubでは変えていきたいです。

 

うちのスポーツクラブがきっかけでトレーニングが好きになって、一人でもトレーニングが出来るようになってもらいたいですね。

 

もし、トレーニングの仕方を体得することが出来れば、その後はもっともっと安価に器具だけ置いてあるジムにも自信を持って行けるようになります。

 

これは一生の宝物になるはずです。

 

私が今まで出会ったお客様からもたくさんの「やって良かった」の言葉を頂きました。

 

トレーニングは難しそうに見えますが、ちゃんとやれば誰でも必ず出来るようになります。

S-sports clubで「やって良かった」と思ってみませんか?是非お待ちしております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします